• 税金の支払いにお困りですか?

    未納税又は期限内の納税にお困りの方の情報

    PDF形式のファイルをダウンロードしてご利用くださいください

    期限までに納税できない場合

    政府は徴収した税金で社会が必要とするサービスを提供します。大多数の納税者はきちんと税金を納めますが、時によって納税が難しい場合があることも税務署は理解しています。

    未納税又は期限内の納税が難しいという場合は、なるべく早く税務署にご連絡ください。問題解決のご相談をお受けします。

    納税者は、問題があると大げさに考えがちですが、税金やスーパーアニュエーションの負債は殆どの場合、簡単に解決できます。税務署はいろいろな方法を提供して、できるだけ早く負債を支払えるようお手伝いします。

    Attention

    期限内に納税しないと、締切日から全納した日まで一般金利(GIC)が生じます。一般金利(GIC)とは未納の税金を滞納したときにかかる金利です。

    End of attention

    納税が無理でも申告することが大事です

    期限内に納税ができなくても、アクティビティーステートメント及び所得税申告を期限内に提出してください。

    期限内に申告しないと罰金が課せられることがあります。

    期限内に申告できない場合でも、できるだけ早く税務署にご連絡ください。期限延長が可能かもしれません。

    Further Information

    月曜から金曜の午前8時から午後6時の間に電話で税務署にお問合せください。

    • ビジネス‐13 28 66
    • 個人‐13 28 61.
    End of further information

    英語をよく話せない方でも税務署に問合せたい場合は、電話番号 13 14 50 の翻訳・通訳サービスにご連絡ください。

    支払い方法の取りはからい

    税金負債を全額納入できないときは、分割納入が便利です。

    支払い方法についてお問合わせする際、タックス・ファイル番号又はオーストラリアン・ビジネス番号をご用意ください。個々の状況を考慮に入れ、両方の都合にあった無理のない方法を話し合います。

    Further Information

    月曜から金曜の午前8時から午後6時の間に未納の税金や支払方法について、電話番号 13 11 42 にお問合せください。

    End of further information

    英語をよく話せない方でも税務署に問合せたい場合は、電話番号 13 14 50 の翻訳・通訳サービスにご連絡ください。

    Attention

    すでに税務局と支払い方法を取り決めてあっても、未納の税金に対して元の締切日からGIC が課せられます。

    End of attention

    支払い方法

    支払い方法として以下のオプションがあります:

    • BPAY  ‐金融機関の電話又はインターネット金融サービスを利用して小切手又は預金口座から直接支払う。
    • クレジット・カード‐政府のEasyPayウエブサイトを通してビザ、マスターカード又はアメリカン・エクスプレスカードを使用する。または、政府EasyPayの電話サービス 1300 898 089 に電話して支払う。
    • ダイレクト・クレジット‐オンラインで個人の小切手又は預金口座から税務書に払込む。
    • ダイレクト・デビット‐個人の小切手又は預金口座から自動払込みする。
    • 郵便‐支払票といっしょに小切手又は為替を送る。
    • オーストラリア・ポスト‐最寄の郵便局で現金(最高3000ドル)、小切手又はEFTPOS(一日限度額あり)で支払う。支払いの際、支払票が必要です。
    Further Information

    英語でのさらに詳しい情報は、こちらをご覧下さい。www.ato.gov.au/howtopay

    End of further information

    将来、負債をさけるためには

    研究結果や経験によると、負債を避ける方法がいろいろあります。

    以下の簡単な方法に従ってください。

    • 納税義務を理解し、税金の予算をたてる。
    • 不動産や株の売却で得る資本利得からある金額を貯金しておく。
    • GSTを徴収する場合は、必ず専用の口座に貯金する。
    • 金融記録を定期的に更新する。(最低毎月一回)

    税金について質問があるときは、ぜひ税務署にお問合せください。また、金融アドバイザーや会計士にご相談ください。

    Further Information

    全国の政府支援の金融カウンセラーから無料のアドバイスを受けることができます。Australian Financial Counselling 及び Credit Reform Association が最寄りのカウンセリング・エージェンシーを紹介します。 英語での詳しい情報はこちらをご覧ください。www.financialcounsellingaustralia.org.au

    End of further information

    個人に対する援助

    Further Information

    納税義務のよりよい理解やその義務を果たすためのさまざまなツールやサービスについての情報はこちらをご覧ください。www.ato.gov.au

    End of further information

    中小企業向け援助

    税務署は、ビジネスを順調な状態を保つため、あるいはうまく軌道に乗せるために、個人情報を守り実質的なサポートサービスを無料で提供します。経験豊富な職員が税金問題解決のために、いろいろな質問にお答えします。

    ビジネスが最もよく問い合せる内容は:

    • 記録や書類の管理について
    • 期限内に行う正しいアクティビティー・ステートメントの申告について
    • 雇用者義務の管理について(PAYG源泉徴収、スーパーアニュエーション保障、付加給付)

    電話でのサポートのほかに、出向サービス、地域でのセミナーやワークショップを英語やその他の言語で提供しています。出向サービスはご希望の場所に出向きます。その際に話し合った内容については完全に機密扱いします。税務署は、税金管理の援助に焦点をあてており、監査用の証拠を探すためではありません。

    Further Information

    無料出向サービスの申し込み方法

    • 税務署のオンライン予約申込み書を使うwww.ato.gov.au/assistancevisit
    • または、月曜から金曜の午前8時から午後6時の間に電話番号13 28 66に問合せる。
    End of further information

    英語をよく話せない方でも税務署に問合せたい場合は、電話番号13 14 50 の翻訳・通訳サービスにご連絡ください。

    そのほかに税金の基本、記録や雇用者義務について無料のセミナーやワークショップも開催しています。

    Further Information

    セミナーの登録方法

    End of further information

    英語をよく話せない方でも税務署に問合せたい場合は、電話番号13 14 50 の翻訳・通訳サービスにご連絡ください。

    Further Information

    中小企業向けの各種出版物、ツール及びサポートへのアクセスは、こちらのサイトで簡単にできます。www.ato.gov.au/businesses

    End of further information

    オンラインのビジネス・ポータルを利用して税務署と交流できます。安全で説明がわかりやすく簡単に使えます。アクティビティー・ステートメントをオンラインで申告でき、罰金やGICなど現在の差引勘定も見ることができます。

    Further Information

    ビジネス・ポータルへの登録はこちらのサイトをご覧ください。www.ato.gov.au

    End of further information

    困窮に陥った場合

    負債の支払いによって、衣食住、治療、教育、その他あなたと家族、または扶養者が必要するものを供給できないのは、困窮に陥った状態です。

    困窮に陥った場合は、以下の納税義務のいくつか又はすべてを免除してもらうよう申込むことができます:

    • 所得税
    • 付加給付税
    • 付加給付税分納
    • ペイ・アズ・ユー・ゴー分納
    • 関連した罰金や料金
    Attention

    個人の納税者や単独でビジネスを営む方は免除を申し込むことができますが、会社、企業合同、共同経営者はできません。

    End of attention
    Further Information

    困窮に陥っている方は、月曜から金曜の午前8時から午後6時の間に電話番号 13 11 42 にご連絡ください。

    End of further information

    英語をよく話せない方でも税務署に問合せたい場合は、電話番号 13 14 50 の翻訳・通訳サービスにご連絡ください。

    詳しい情報

    税金やスーパーアニュエーションの負債についての相談は、電話番号13 11 42 にご連絡ください。

    英語をよく話せない方でも税務署に問合せたい場合は、電話番号 13 14 50 の翻訳・通訳サービスにご連絡ください。

    聾唖者、難聴又は言語障害の方は、以下の電話番号にてナショナル・リレー・サービス(NRS)を通じて税務署にご連絡ください。

    • TTYをご利用の方は、電話番号13 36 77にて、必要な税務署の番号を入手ください。
    • スピーク・アンド・リッスン(スピーチ・トゥー・スピーチ・リレー)をご利用の方は、電話番号1300 555 727にて、必要な税務署の番号を入手してください。
    • インターネット・リレーをご利用の方は、www.relayservice.com.auのサイトでNRSに接続し、必要な税務署の番号を入手してください。

    税金負債の徴収や税金負債の対処に関して納税者が利用できるオプションについての詳しい英語情報は、以下のサイトで Managing your tax debt というオンラインガイドを参照してください。www.ato.gov.au/debt

      BPAY Pty Ltd登録 ABN 69 079 137 518

      Last modified: 12 Dec 2011QC 24285