Show download pdf controls
  • 正直な会社をどのように保護しているか

    オーストラリア税務局(ATO)は、大多数のビジネスオーナーが正直であることと、ビジネス運営が大変なことであることを理解しています。

    残念ながら、現金および隠れた経済で運営しているビジネスが存在します。これらのビジネスは、収入を申告して正しいことをしているビジネスに対して、不当な競争優位性を得ています。ATOは、不当な競争相手から、正直なビジネスを守ることを目標にしています。

    ATOは業界団体、税理士、および企業と協力して、発生している問題を理解するように努めています。最新の第三者データとリスク分析を使用して、不正をしているビジネスや、支援を必要としているビジネスを調べています。

    不正なビジネス慣行は許容されません。何か正しくないと思われることがあった
    ら、ATOが調査できるようにお知らせください

    説明会の登録

    ATOは説明会を実施するとともに、全国の会社を訪問して、正直な会社を保護する支援をしています。

    説明会に登録するには:

    • EventbriteExternal Linkにアクセスしてください。
    • Protecting honest businessイベントを検索してください。

    会社への訪問

    説明会の後、その地域の会社を訪問します。

    それらの会社に次のことについて説明します:

    • 電子支払い、および電子的な記録保持機能のメリット
    • ATOのツールと、オンライン提出を含む、その使用方法の説明
    • 正確に登録されていることの確認
    • すべてのビジネスが、すべての収入を申告し、何を経費として請求できるかをすることにより、正確な金額の税金と退職年金を支払うようにする
    • 所得税申告書と事業報告書を提出する
    • 税金の支払いが困難な場合に、税金に支払い義務を果たすことができるよう支援する。具体的な状況を調査して、税金の支払いを期限内にできるように支援する
    • その他の支援も提供する

    会社が故意に間違ったことをしているのに気付いた場合、私たちにはそれに対処する義務があります。この結果として監査を行うか、追訴する可能性もあります。

    正しいことをしてビジネスを運営している場合は、何も心配することはありませ
    ん。

    間違いをした場合

    申告時に間違いをした、または申告漏れがあったことに気付いた場合、最初に連絡することをお勧めします。たとえば、以下の場合に罰則が軽減されることがあります。

    • 現金の支払いを含む収入についてまだ報告していない
    • 資格のない控除を申請した
    • 虚偽または誤解を招くその他の陳述をした

    間違いを修正する手助けが必要な場合:

    • 貴社の登録税理士またはBAS専門税理士に連絡する
    • 無料の翻訳通訳サービス 13 14 50に電話する。

    会社が行う必要があること

    すべての会社は以下のことを行う必要があります:

    • 現金、オンライン、EFTPOS、クレジットカード/デビットカードの売上をすべて申告する
    • 所得税申告書を提出する
    • GSTの登録や事業報告書の提出など、貴社に適用されるGSTの義務を果たす
    • 従業員を雇用している場合、最低賃金の支払い、退職年金の支払いなどの従業員に対する支払い義務を果たす
    • 優れた記録保持を実施する記録は、すべてのビジネス取引を説明し、書面で英語であり、少なくとも5年間保持される必要があります。

    懸念事項を報告する

    故意に脱税をしている可能性があると思う人がいる場合、機密で通報することができます。

    通報された情報に完全にアクセスできるように、できる限り詳細な情報を提供してください。翻訳通訳サービス13 14 50に電話することにより、懸念事項を報告できます。

      Last modified: 13 Mar 2019QC 52620