• GSTの報告

    GST提出の手引き

    あなたの事業は物品およびサービス税(GST)に登録されましたが、次は何をすればいいのでしょうか。

    GSTの報告、提出、支払いの仕方について読み進めてください。

    GSTとは何ですか?

    GSTは、オーストラリアにおいて販売または消費された殆どの物品およびサービスに課される10%の税金です。GSTに登録した事業者は、販売または供給した殆どの物品およびサービスに対してGSTを課し、それを税務署に支払わなければなりません。この税金は政府により、道路、学校、病院など私たち皆が利用するサービスを提供するのに使われます。

    このパンフレットは、あなたが既にGST登録を済まされ、次のステップは何か知りたい場合にお読みください。何が払い戻し請求できるのかについてもっと知りたい場合は、GST-GST支払い義務理解への手引き(NAT74240)をお読みください。

    GSTの正しい報告、適正な物品の記帳は、あなたの事業にとって大切なことです。適正なGST記帳は、GSTの払戻金を請求できるかどうかを知る助けにもなります(あなたの事業にお金が還元されるということです)。

    どのようにGSTを報告すればよいでしょう?

    あなたがいくらGSTを集めたか報告し、その金額を期日までに支払うには、二つの方法があります。

    • 事業活動報告(a business activity statement: BAS)
    • 年間GST申請(an annual GST return)

    事業経費に対する税込み請求書(タックス・インボイス)がある場合は、事業活動報告または年間GST申請の際に、支払ったGSTを請求することができます。

    いつGSTを報告することができますか?

    GSTには、次の3種類の報告サイクルがあります。

    • 毎月
    • 四半期
    • 毎年.

    報告サイクルは以下の条件により選択してください。

    • 事業のGST総売上げ
    • 事業の種類
    • あなた個人の好み

    GST総売上げとは、以下を除いた事業の総収入(利益ではありません)のことです。

    • 顧客への売上げに含まれるGST
    • 支払い対象ではなく、課税されない売上げ
    • 営業する事業と関連しない売上げ
    • オーストラリアと関連しない売上げ
    • 仕入税の課された供給品(販売価格の中にGSTを含まないもの)、例えば居住敷地の賃貸料など。

    活動報告、年間情報レポート、または年間GST申請のいずれかを提出し、その報告書に記載した金額を期日までにお支払いください。

    報告期間の選択

    毎月報告

    あなたの事業は、GST総売り上げが2千万ドルまたはそれ以上ですか?

    その場合は、毎月の報告と支払いが必要となります。事業によっては毎月報告が必要なものもあります。あなたの事業に適用される場合はこちらから連絡いたします。

    四半期報告

    あなたの事業は、GST総売り上げが2千万ドル未満ですか?

    GST総売り上げが二千万ドル未満の場合、かつGST報告が毎月必要であるとこちらから連絡してきていない場合は、GST報告を四半期毎に行ってもよいし、毎月報告を選ぶすることもできます。

    四半期毎に報告と支払いをする場合、報告のオプションが3種類あります。

    • オプション1:GSTを計算し、報告とGSTの実額の支払いを四半期毎に行う。
    • オプション2:四半期毎にGSTを計算して支払い、報告は年次にする。
    • このオプションは、四半期の活動報告に書く情報が少なくて済みますが、四半期毎にGSTを計算してGSTの実額を支払います。
    • このオプションを使用する場合は、いくつかの情報を四半期ではなく年間で報告するため、年間GST情報レポートを完成させなければなりません。
    • オプション3:四半期毎にGST金額を分割払いで支払います。このオプションでは、四半期に一度分割払いで支払い、年に一度の年間GST申請で全ての報告を行います。

    これらのオプションにより、あなたの事業に合ったGSTの報告方法を選択することができます。どのオプションを選択したのかこちらに知らせるために、活動報告に記入してください。

    四半期毎に報告と支払いを行う全ての事業は、最初の二つのオプションのいずれかを選択することができますが、GST分割払いのオプションを利用できるのはその資格のある事業者のみです。GSTを分割払いで支払う資格がある場合は、こちらから送付する7月1日から9月30日までの税務期間の活動報告書のフォームに、分割払いの金額があらかじめ印刷されています。この四半期活動報告書でこのオプション3を選択することにより、あなたがこのオプションを選んだことをこちらに知らせることになります。

    年間報告

    以下の条件を満たす場合は、報告は年一度になります。

    • あなたの事業のGST総売上げが7万5千ドル未満の場合(非利益団体の場合は15万ドル未満)。
    • 任意でGST登録した場合。
    • 分割払いでGSTを支払うことを選択していない場合。

    報告は、四半期毎または毎月行うことを選択することもできます。

    資格に当てはまる場合は、以下の方法を選択してGST報告を年次で行うことができます:

    • ビジネス直通セルフヘルプ番号13 72 26 に電話して、1を押して提出を選び、それから2を押してGST年次報告を選んでください。
    • ビジネス・インフォメーション・ライン、13 28 66 にお電話ください。
    • 以下に郵送してください。
      Australian Taxation Office
      PO Box 3524
      ALBURY NSW 2640.
    Attention

    事業によっては、GST総売上げの金額に関わらずGST登録を必要とするもの、例えばタクシー運転手など、があります。あなたがタクシー運転手の場合は、年一回の報告とGST支払いを選択することはできません。

    End of attention
    Further information

    報告期間のオプションについての詳しい情報は、13 28 66にお電話ください。

    End of further information

    GSTの支払期限はいつでしょうか?

    • 毎月報告する場合は、支払期日は各月末から21日後となります。
    • 四半期毎に報告する場合は(四半期毎の分割払いも含む)、支払い期日は報告を紙で提出したか、オンラインか、税理士または事業活動報告エージェントに依頼したかにより異なります。英語での詳しい情報は、ウェブサイトato.gov.auにアクセスして「事業の 主要提出日」(‘Key lodgement dates for business’)をサーチしてください。
    • 年次報告の場合、またはオプション2または3を使って四半期報告をし、いくつかの情報を年次で報告する必要がある場合、その期日は以下のどちらかとなります。
    • 所得税申告期日
    • 所得税申告をする必要がない場合は、GST申請または情報レポートが対象とする会計年度末から翌2月28日まで。

    GSTの会計方法

    GSTを現金ベースで計算する場合は、活動報告書のラベルG1に、課税期間に受領した金額を報告します。全購入金額の税込み請求書を持っていても、支払った金額の11分の1のみ申請します。

    GSTを非現金(見込み金額)ベースで計算する場合は、税込み請求書に記載された金額を報告し、税込み請求書上のGST分を申請することができます。

    選択した会計方法により、あなたの事業のキャッシュフローに影響を与えることがあります。

    Further information

    詳しくは13 28 66に電話するか、英語での詳しい情報はウェブサイトato.gov.auに行き、「現金または非現金会計」(Cash and non cash accounting) を参照してください。

    End of further information

    GSTの提出方法

    ここまででGSTの報告の仕方は分りました。次はどのように報告の提出とGSTの支払いを行うか、紙かオンラインかを選んでください。

    紙で提出

    こちらから、活動報告または年間GSTレポートを完成させる個別の専用フォームをお送りします。紙で提出するには、このフォームを完成させて送り返してください。このオリジナルのフォーム上でレポートを完成することが重要であり、ソフトウェアパッケージからのコピーやバージョンは使用できません。

    活動報告を完成したら、同封の既に宛名の記された封筒を使って、サインした完成フォームを期日に間に合うように郵送してください。追加税を支払わなくてはならない場合は、ページ4の「GSTの支払い方法」をご覧ください。

    オンラインで提出

    ビジネスポータルを利用すれば、殆どの種類の活動報告書をオンラインで提出、変更することを選択できます。また、以前提出した報告書を見たり、印刷したりリストアップすることもできます。

    オンラインによる提出と支払いを選択した場合、四半期の活動報告書の提出期限が2週間延長される資格を得ることがあります。

    Further information

    英語での詳細情報、またはオンライン提出の登録は、ウェブサイトato.gov.au/onlineservicesにアクセスしてください。

    End of further information

    報告または請求するGST金額がない場合

    一定の報告期間、報告または請求するGST金額がない場合でも、期日までに活動報告書を提出しなければなりません。

    GSTの支払い方法

    以下の方法でGSTを支払うことができます。

    • クレジット・カード、BPAY®、または直接口座引き落としにより電子的に支払う。
    • 小切手かマネー・オーダーを郵送する。
    • 活動報告書または年間GST申請を郵便局に持参し、以下の方法で支払う。
    • 小切手またはEFTPOS (セービングまたはチェックアカウントからのみ)
    • 現金 (3,000ドルまで).
    Further information

    GST支払いに関する英語での詳細情報は、ウェブサイトato.gov.au/howtopayにアクセスしてください。

    End of further information

    ® 登録商標BPAY Pty Ltd ABN 69 079 137 518

    GST支払いが困難な場合は?

    GST支払いが困難な場合は、速やかに13 28 66までお電話ください。あなたにどのような選択肢があるのか探すお手伝いをしますので、罰金の支払いを回避できるかもしれません。

    期日までに提出されていない場合は罰金を科すこともありますので、支払えない場合でも期日までに事業活動報告(BAS)を提出することが大切です。

    GSTに関するサポート

    私たちは様々な無料サポートのオプションを用意しています。私たちは以下の方法でサポートを提供しています。

    • 面談
    • 電話
    • オンライン

    公認の税理士、事業活動報告(BAS)エージェントにもGSTのサポートを依頼することができます。

    面談

    無料の支援訪問を依頼することができます。経験を積んだ税務官があなたと会って税金に対する質問にお答えします。この訪問は、あなたの事業所や別の場所で、必要であれば通訳付きで行うことも可能です。訪問は10分で済むこともあれば、必要によっては一日中になることもあります。

    事業所への訪問の間にあなたが提供した情報は完全に秘匿され、オーストラリア税務署の他の人間と共有されることはありません。私たちの目的はあなたが税金を管理できるよう援助することであり、会計監査を行うための証拠を見つけることではありません。

    Further information

    訪問を計画するには、:

    • 月曜日から金曜日の午前8時から午後 6時まで、13 28 66にお電話ください。

    ato.gov.au/assistancevisitにて、オンラインでのご予約も受け付けています。

    End of further information

    税理士または事業活動報告(BAS)エージェントの利用

    あなたは、公認の税理士またはBASエージェントに、税金の支払い義務について相談したいと思うかもしれません。

    Further information

    有資格で税金に関する経験を積んだ公認の税理士またはBASエージェントを選ぶことが大切です。公認のエージェントだけが法的に料金を課すことができます。

    あなたのエージェントが登録されているかどうか、税務代理人委員会(the Tax Practitioners Board) の登録ウェブサイトtpb.gov.au、 または1300 362 829 に電話して確認することができます。

    End of further information

    電話

    電話であなたのご質問にお答えしたり、支援を提供することができます。月曜日から金曜日の午前8.00時から午後 6.00時まで、13 28 66にお電話ください。

    もしあなたの耳が不自由か、ヒアリングまたはスピーチに困難がある場合は、以下の番号に電話してナショナル・リレー・サービス(National Relay Service: NRS)を通じて、必要なオーストラリア税務署(ATO)の番号に電話するようにしてください。

    • TTY利用者は、13 36 77に電話してください。ATOの無料通話は、1800 555 677におかけください。
    • スピーク・アンド・リッスンの利用者は、1300 555 727に電話してください。ATOの無料通話は、1800 555 727におかけください。
    • インターネット・リレーの利用者は、relayservice.com.au からNRSに繋いでください。

    オンライン

    以下のウェブサイトにアクセスしてください。

    • ato.gov.au/GST (英語情報)
    • ato.gov.au/otherlanguages (税金およびスーパーアニュエーションについての25ヶ国語による情報)

    ソーシャルメディアでは、以下をフォローしてください。

     

    Description:  www.facebook.com/ato.gov.au

     

    Description:  www.youtube.com/AusTaxOffice

     

      Last modified: 11 Dec 2013QC 38058