Show download pdf controls
  • 納税者憲章-知っておくべきこと

    序文

    オーストラリアの税制および老齢年金制度は、オーストラリアの生活を支えるコミュニティ資産です。私たちは皆、それに対する配慮と維持において果たすべき役割を担っています。

    オーストラリア税務局(ATO)は、給付金の利用を含む、税制と老齢年金制度への積極的な参加を促進することにより、オーストラリア人の経済的、および社会的福祉に貢献しています。

    オーストラリア人は、法律の下での責任を果たすことによってその役割を果たしています。

    ATOとあなたとの関係は、お互いの信頼と敬意に基づいています。私たちは、次の方法でその関係を育成します。

    • 専門性があり、敬意を示す、時宜を得たサービスを提供し
    • あなたを公正かつ敬意をもって扱い
    • あなたの状況および過去のコンプライアンス行動に基づいて関与することにより、
    • あなたができる限り容易に物事を正しく行えるようにし、
    • これらのシステムに適切に参加したいと希望する人をサポートし、
    • あなたとコミュニティに対応する際に、オープンで、透明性があり、説明責任を果たしながら、
    • 最も効果的かつ効率的な方法でサービスを提供します。

    納税者憲章(憲章)は、あなたの権利の概要を示しています。税制、老齢退職年金制度の管理について、期待できる内容を説明します。私たちは、あなたとのやり取りすべてにおいて、この期待を満たすことを約束します。

    はじめに

    本憲章は、あなた、またはあなたが選択する代理人とのやり取りに際して、ATOがどのように行動するかを概説するものです。

    これは、税金、老齢年金、物品税、およびATOが管理するその他の法律について私たちとやり取りするすべての人のために用意されています。

    次のことを理解するのに役立ちます:

    • あなたの権利と義務
    • 私たちに期待できること
    • 不満がある場合にできること

    私たちが「あなた」という言葉を使用する場合、これはあなた個人、およびあなたが代理人として指名した人を指します。

    「全員」とは、「私たち」と「あなた」を指します。

    あなたの権利

    あなたは、私たちから次のことを期待できます。

    公正かつ合理的な対応

    私たちは次のことを行います:

    • 敬意、配慮、および敬意をもって対応し
    • 誠実かつ正直に行動し
    • 公正な行動を取り
    • オーストラリア社会の多様性を尊重し
    • それに配慮した行動をとり
    • あなたの懸念、問題、または苦情を可能な限り公平かつ迅速に解決します。
    • 公正かつ公平な意思決定を行い
    • あなたの話を聞き、法律に従ってあなたの状況を考慮に入れます。

    詳細:

    そうでない行動をしない限り、あなたを誠実であるとみなす

    私たちは、あなたがATOに提供する情報が完全かつ正確であることを、そうでないと考える理由がない限り、受け入れます。

    通常、ATOは、あなたが提供する情報を文字通りに受け入れ、その情報に基づき、納税義務を評価します。

    私たちは、時には人が間違いをすることがあることを認識しています。私たちは、説明の機会を与えることによって、ミスと意図的な行動とを区別しています。あなたの話を聞き、説明された内容を考慮します。

    ATOは、ATOが管理する法律をすべての人が確実に順守する責任を負います。あなたの情報がレビューされる場合、あなたが不誠実だと見なされているわけではありませんが、ATOは相違が見つかった場合には、フォローアップ措置を取ることができます。

    詳細:

    専門的サービスと支援を提供する

    私たちは、次のことを行うことで、生産的で専門的な仕事上の関係を期待できるようにします。

    • あなたの権利および資格を理解する支援をします
    • 私たちが自己紹介するときに自分の名前をあなたに渡して、個別化したサービスを提供します。ただし、状況によっては、別の形式の身分証明書を提出することもあります。
    • 必要に応じて詳細情報を入手できるように、連絡先の詳細を提供します
    • 複雑な問い合わせの場合は、支援できる人を紹介します
    • 約束した日時に連絡します
    • 質問にすぐに答えられない場合は、連絡先の詳細を収集し、できるだけ早く回答します
    • お問い合わせ、ご要望へのタイムリーな対応を目指します
    • 間違いを認め、謝罪し、できるだけ早く修正します
    • 発行する情報、あなたに話すとき、または書面で連絡するときには、平易で明瞭な言葉を使います
    • 英語以外の言語で、一部の情報をホームページに掲載します(多言語の情報を参照してください)
    • デジタル以外の形式のほうが適切な場合を除き、デジタルでアドバイスと情報を提供します。
    • 以下を通じて、アドバイスや情報へのアクセスを提供します  

    あなたが代理人を選択し、その代理人からアドバイスを受けることができることを承諾する

    あなたは、自分の税務の問題について、およびATOとやり取りする際に、代理人を使うことができます。異なる人が、異なる問題についてあなたの代理人となることができます。所得税申告書、活動報告書、評価に対する異議申し立て、および財務に関するアドバイスの作成などの支援を受けることができます。

    あなたは、登録代理人を含む他の人が所得税申告書またはその他の税務文書の作成を支援する場合でも、ATOに提供する情報の正確性についてはあなたが依然として責任を負います。

    代理人にATOとやり取りしてもらいたい場合、または税務を話し合ってもらいたい場合は、その旨をATOに伝えなければなりません。

    ほとんどの場合、誰でも代理人に指定できますが、このような支援を提供するために誰が料金を請求できるかについて、法律で規定されています。一般的に、税理士の手数料は、認定税理士またはBAS代理人(登録代理人)のみが請求できます。

    税理士委員会は、税務代理業務の提供を規制する責任があります。

    あなたが代理人を選ぶ場合、あなたが個人的に持つのと同じ、憲章に基づく権利と義務がその代理人にも適用されます。

    詳細:

    プライバシーを尊重する

    税法および老齢年金法を管理するために、あなたに関する情報を収集しています。私たちは、本人、代理人、その他の政府機関および銀行などの他の当事者から、この情報を入手することができます。私たちはあなたのプライバシーを尊重し、あなたの情報を秘密に保持します。特定の状況では、法律により、他者にあなたの情報を開示することが許可されています。たとえば、すべての政府データマッチングガイドラインExternal Linkに準拠したデータマッチングプログラムを用意しています。

    あなたのプライバシーまたはあなたの税務情報の機密性が、ATOの行為により損なわれたと思う場合、最初にとるべき手順は、あなたがやり取りしている税務担当者(または提供された電話番号)に連絡し、解決するよう努力することです。

    納得できない場合は、担当者の上司に相談してください。それでも納得できない場合は、苦情フォームまたは電話1800 199 010を使用して苦情を申し立てることができます。

    プライバシー委員

    あなたが苦情の処理方法に満足していない場合、プライバシー委員が支援できる場合があります。プライバシー委員の詳細については、privacy.gov.auExternal Linkのウェブサイトから入手することができます。または、1300 363 992に電話で問い合わせることができます。

    詳細:

    あなたの個人情報を秘密に保持する

    あなたの情報を安全かつ機密に保持しなければなりません。私たちは、以下に拘束されます:

    私たちは、あなたの個人情報のセキュリティとプライバシーを非常に重視します。私たちは、あなたのデータおよびATOとのオンライン取引が安全かつ安全であることを保証する措置を講じています。

    私たちは、あなたの個人情報を、ATOの業務上必要な部分である場合、または法律により許可されている場合にのみ、閲覧、記録、説明または開示することができます。私たちは、ATOが提供するサービスの質を監視するため、または法律の管理上必要な場合に、電話を記録します。情報を開示する一般的な理由は、政府給付金および法執行の適格性を確認することです。

    あなたがあなたの問題について話し合うためにATOに連絡を取った場合、あなたは身元を証明しなければなりません。これにより、あなたの個人情報は、本人または代理人としての権限を与えられていることを示すことができる人にのみ提供されます。たとえば、あなたがATOに電話する場合、生年月日、住所(以前にATOに通知した通り)、およびATOが生成した通知の詳細を提供することにより、身元を証明することができます。その他の情報も、状況に応じて、証明として使用することができます。

    詳細:

    私たちが保持するあなたの個人情報にアクセスする

    1982年情報公開法(FOI法)は、ATOが保有する文書に含まれるあなたの個人情報にアクセスする権利をあなたに与えています。また、公開判決、ATOの手続き、ガイドラインなど、私たちが意思決定を下すのに役立つ文書にアクセスすることもできます。

    ATOのオンラインチャネルでは利用できないATOの文書にアクセスしたい場合は、まずお問い合わせください。より一般的に要求される文書のコピーは、情報公開請求なしに提供することができます。たとえば、最近の評価通知のコピーは無料です。また、最近の所得税申告書のコピーを提供することもできますが、多少の手数料がかかる場合があります。

    あなたは、情報が不完全、不正確、期限切れまたは誤解を招くと思われる場合、ATOが保持するあなたに関する個人情報を変更するようATOに要請する権利を有します。

    たとえば、開示が調査に偏見を発生させる、または法律の適切な施行を妨げることが合理的に予想されるなどの理由で、FOI法から免除されている文書があるため、ATOは一部の文書へのアクセスを許可しないことがあります。

    情報開示請求の費用は、法律によって定められています。

    詳細:

    物事を正しく行う支援をする

    私たちは、あなたが権利と資格を理解し、義務を果たすことができるように、正確で一貫性のある明確な情報を提供することを目指しています。

    私たちの情報は、法律が一般的に適用される方法に関する公開情報から、個人的な状況に合わせたアドバイスまで、多岐にわたっています。

    ATOによる公開情報があなたの状況に適していないと思う場合、またはそれがどのように適用されるのか分からない場合、ATOまたは専門アドバイザーに連絡して、あなたのニーズに最も適した情報を見つける支援を得てください。

    ATOの情報が不正確または誤解を招くようなものである場合

    あなたがATOの情報に従った場合、それが間違っていたり、誤解を招いたりすることが判明し、その結果あなたが間違いを犯した場合、そのことを考慮した上でどのような行動が必要かを決定します。

    情報へのアクセス方法

    あなたはATOのホームページから情報にアクセスすることができます。または、ATOの印刷物のコピーを郵送することもできます。ATOは、あなたができるだけ容易にATOの情報にアクセスできるようにし、最新の連絡方法を提供します。次のことができます:

    詳細:

    あなたに関する決定を説明する

    あなたの問題に関してATOが下した決定を説明し、あなたのケースを扱うATOの部門の連絡先番号または電子メールアドレスを提供します。私たちは、意思決定の内容を明確に説明します。質問がある場合、ATOが誤りを犯したと思われる場合、またはATOの決定に適切な理由が提供されていない場合は、あなた本人または代理人に提供された詳細を使用してATOに連絡してください。

    一般的に、私たちの決定を書面で説明します。口頭で決定を伝える場合は、同時に説明をします。非常に限られた状況では、できるだけ多くの情報を提供しているにもかかわらず、決定内容を十分に説明することができないことがあります。たとえば、以下の場合があります:

    • 他人が関与している場合、ATOの決定に関する情報を公表することは、ATOが詐欺を疑う税法におけるプライバシーまたは秘密保持規定に違反する可能性があり、
    • ATOの調査が危険にさらされる可能性があるため、情報を公表することはできません。

    1977年行政決定(司法審査)法(ADJR)に基づき、あなたは、あなたの税務に関するATOの一部の決定の理由を記載した無料の文書を受け取る権利があります。同法は、すべての決定を対象としているわけではなく、評価に関する決定など、いくつかの重要な例外もあります。

    詳細:

    レビューを受ける権利を尊重する

    あなたの問題に関する決定を提供する場合、どのようにして決定のレビューを要求できるか、およびレビューを要求する期限があるかどうかを説明します

    複数のレビューオプションがある場合、それらがどのように異なるかを説明します。レビューの中には、法律の問題を検討するものもあれば、正しいプロセスに従い決定に至ったかどうかを確認するものもあります。

    私たちは、できるだけ早く問題を解決できるように、あなたと協力します。私たちが間違っていた場合、両者にとって最小限のコストでそれを修正したいと考えます。

    決定のレビューを要求する場合は、ATOが提供する連絡先を使用してください。

    元の決定に関与しない独立した担当官がレビューを実施します。

    ATOのレビューの決定に同意しない場合は、独立した外部レビューを求めることができます。一部の決定については、行政控訴裁判所に申請するか、連邦裁判所に上訴するかの選択肢があります。私たちは、裁判所、簡易裁判所、審理、調停およびその他の裁判外紛争解決手続における準備および手続を含む、模範的な訴訟当事者としての義務を果たします。

    詳細:

    補償

    場合によっては、あなたは補償を受ける権利があることがあります。ATOの行為によって財務上の損失を直接被ったと感じた場合は、ATOのウェブサイトで補償を申請する方法に関する情報を確認するか、1800 005 172の無料の補償ヘルプラインに連絡することができます。

    詳細:

    あなたが苦情を申し立てる権利を尊重する

    あなたがATOの決定、サービスまたは行動に満足しない場合、またはATOが本憲章に従わなかったと感じた場合、あなたは、苦情を申し立てることができます。

    次のことをお勧めします:

    • 納得できない場合、まず最初にやり取りしていた税務担当官(または提供された電話番号)に連絡し、解決するよう努力します
    • 納得できない場合、または税務担当官に問題を提起することが難しいと思う場合、税務担当官の上司に連絡します。
    • あなたの苦情の処理方法について納得できない場合、ATOの苦情ライン
      1800 199 010に電話してください。

    苦情は、次の方法で申し立てることができます:

    • オンラインで苦情フォームを提出する
    • Freefaxを1800 060 063へ送付します

    私たちは苦情を真剣に受け止めます。問題や苦情があれば、迅速かつ公平な解決に向けて取り組みます。また、苦情は重要なフィードバックを提供し、サービスの改善方法を特定するのに役立ちます。

    詳細:

    税務監査官

    苦情がある場合は、まずはATOと話し合って解決するように試みてください。解決できない場合、またはATOがあなたの苦情を処理した方法に満足できない場合、税務監査官が支援できる場合があります。

    次のステップ:

    法規を遵守しやすいようにする

    次のようにして、あなたとATOとの間でのやり取りが、できる限り容易かつ便利にできるよう努めています:

    • あなたの義務とそれを満たす方法を理解しやすくします
    • 仕事量、時間、労力を減らすことによって、より低コストで法規を遵守できるようにします
    • 合理的であり、毎日使用しているシステムに適合する製品やサービスを生産します
    • 関連するタイムリーなサービスを提供するために、デジタル製品や現代的な技術を改善します。

    私たちは、これを効果的に行うために次のことを行います:

    • コミュニティと定期的に話し合います
    • 製品やサービスの設計時にコミュニティを関与させます
    • デジタル製品を含む製品を、使用する人々のニーズに合わせてカスタマイズします
    • 使用する人々に、プロトタイプ製品やサービスをテストしてもらいます。

    説明責任を果たす

    私たちは、説明責任を果たす必要性と、この憲章に規定されているコミットメントを果たす必要性を非常に真剣に受け止めています。

    あなたの問題について決定を下す際に、その決定を説明し、それに関するあなたの権利と義務について説明します。質問がある場合や、さらに情報を必要とする場合は、連絡先の詳細をお知らせします。

    問題を迅速に解決できない場合は、進捗状況をお知らせいたします。私たちは、問題解決のためにあらゆる合理的な措置を講じます。

    サービス(適時性)基準に対するパフォーマンスをウェブサイトに掲載しています。

    詳細:

    私たちは、直面している課題とその結果について、社会と情報を共有します。

    私たちは、コミュニティに対してアンケートを実施し、プロフェッショナルな行動と、憲章のコミットメントに対する実績を監視しています。

    私たちは、国会およびオーストラリアのコミュニティに対して説明責任を負います。

    詳細:

    あなたの義務

    私たちは以下のことを期待します:

    真実を報告する

    税制および退職年金制度は、あなたが完全かつ正確な情報を提供することに基づいています。これには、以下が含まれます:

    • 取得税申告書、活動報告書、その他の書類に関する正しい情報を提供します
    • アドバイスを求めるときに、すべての事実と状況を提供します
    • 質問に完全、正確、誠実に答えます。

    詳細:

    必要な記録を保管する

    法律は、あなたが保持しなければならない記録を定めています。

    適切に記録を維持することで、正確な所得税申告書、活動報告書、その他の書類を作成することができるほか、財務状況の把握にも役立ちます。一般的に、記録は英語で作成し、5年間保管する必要があります。

    私たちは、状況に応じて記録管理に関するさまざまな情報を公開しています。詳しい情報が必要な場合は、ATOのウェブサイトを確認するか、ご連絡ください。

    詳細:

    妥当な注意を払う

    あなたは、ATOに提出する所得税申告書、活動報告書およびその他の文書に完全かつ正確な情報を提供するために、妥当な注意を払わなければなりません。これは、あなたの状況にある道理をわきまえた人が、義務を果たすために必要とされるのと同様の注意を払わなければならないことを意味します。

    認可された代理人を含む他の誰かの支援を受ける場合でも、自分の問題に責任を負います。

    詳細:

    期日までに提出する

    所得税申告書、活動明細書、その他の書類および情報は、特定の日までに提出しなければなりません。これらの日付を遵守することが困難な場合は、書類または情報の提出期限が来る前にATOにご連絡ください。状況に応じて、提出までに追加の時間を与えることができます。

    未払いの金額を支払えない場合でも、所得税申告書または活動報告書を期限どおりに提出する必要があります。支払い期限を延長できる場合があります(「期日までに支払う」を参照)。

    期限内に提出しない場合は、罰則が適用されることがあります。

    詳細:

    期日までに支払う

    納期までに納付すべき税金その他の金額を納付しなければなりません。支払いが難しい場合は、できるだけ早く、できれば期日前にATOに連絡し、あなたの状況についてご相談ください。利息を請求されずに支払い期間の延長や、分割払いで支払うための交渉を行うことも可能です。延長支払い契約を締結した場合でも、滞納がすでに発生している場合には、利息を支払わなければならない可能性があります。

    詳細:

    協力的である

    私たちは、あなたが義務を自発的に果たすために、支援を提供し、協力して取り組むことを望んでいます。あなたが協力的でないか、または作業を妨害する場合、より厳しい行動をとる必要がある場合があります。たとえば、私たちは必要な場合に使用する、正式なアクセス権限と情報収集権限を持っています。妨害した人には罰則が適用され、起訴されることもあります。

    あなたが私たちに期待し、私たちから受け取るのと同様の礼儀、配慮、敬意をもって、私たちに対応していただくようお願いします。失礼な行動や虐待的な行為を受けた場合は、面接や電話を終了し、私たちのスタッフの安全と快適な状態を求めます。

      Last modified: 20 Nov 2018QC 24586